読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

For every lost night

備忘録。宛先のない情報をインターネットに溶かす場所。

日本エレキテル連合のファン4年目にして感じること

 

f:id:promenadeofcat:20170328012259j:image

2017年2月27日に行われたライブイベント   【サンニスキーの宴】の様子

【サンニスキーの宴】当日の様子を少しだけ - YouTube

 

  

   周知のとおり日本エレキテル連合の名を世間が知ることになったのは、2014年に流行語大賞を取るほどにヒットしたコント『未亡人朱美ちゃん3号』というネタに端を発する。 

 

   この奇怪なコントの特徴は、

  • 細貝さんはひとりぼっちで住む老人
  • そして性欲全開(老人なのに…)
  • 朱美ちゃんは安っぽいセクサロイド
  • 未亡人“設定”(不幸な女性にしか興味がない、という細貝さんの特殊性癖ゆえ。それが量産されている性の世界も空恐ろしいが、3号ともなると中々の企業努力が窺える)。
  • 絵面が凄まじい上に、妙なリアリティがある。(メイクのこだわりが半端じゃない)

    …と、凡そこの通り。受け手はこうした極限まで不気味な世界観に恐いもの観たさで浸っているうち、より細部に込められた人間の悲哀掴みきれない深淵を垣間見ることになる。

 

 

   YouTubeチャンネル【感電パラレル】で2500本もの動画を配信している彼女らのネタには、朱美ちゃんと細貝さん以外にも驚くべきほど多くのキャラクターが存在する。

    しかし、基本的にエレキテルのコントには“正しい人”は出てこない。社会で一見真面目に生活している人も、どこか滑稽でしょうもない側面を持って登場する。政治家は妻の尻に敷かれ愛人に入れ込むわ、女優は整形しまくりで愉快な顔になるわ、教祖は男色に走るわ……

テレビでは決して見られないようなブラックジョークの祭典だ。

 

 

     エレキテルのコントを「気味悪い」だとか、「面白くない」、「意味が分らない。これはお笑いなのか」と言う人達がいる。

  実際その通りだと思う。人間の滑稽さを誇張して描き出したら、不気味でないはずがない。しかし、その不気味さこそが、とてつもなく面白い。それはfunny”よりも“interesting”の世界だ。基本的に“funny”でその場の人々を愉快にさせるのが普通の芸人だとすると、エレキテルは全く別の領域から笑いにアプローチしている。

 

   彼女たちのコントはその場で笑いが取れるとは限らない。むしろファンが集まるライブ会場でも、大笑いよりクスクス笑いの方が多い。けれども、もっと奥深い心底の笑いが、コントを観終わった後も痛快さを伴ってフツフツとこみ上げてくる。私が初めてエレキテルのネタを観たときに感じた、恐怖とはまた別の武者震いのような感覚はこれに由来する。

 

--------------------ーーーーーーーーーーーーーーー
余談だが、そうしたエレキテルの世界観に浸っているうち、不思議と私の現実の人間観も変化してきた。他人の言動や振る舞いの中で、以前の私なら「みっともない」と言って目を背けていたものが、奇妙な愛着と共に心に沁みいってくるのだ。«不完全な人間»を理想化することなく、ありのままで愛せるようになっていったのだった。
--------------------ーーーーーーーーーーーーーーー

 

 勿論、どうエレキテルの世界を楽しむかは人それぞれだし、正しい答えははじめから無い。それでも、エレキテルの2人が表現する“理解できる/できない”を超越した魅力を放つ世界を、もっと多くの人に味わって欲しい。たまたま一つのネタがヒットして流行語大賞を取ったとはいえ、彼女達のコントは元から少しも時代に媚びていない。だからこそ、時代を越えられる魅力があると信じている。